平成30年 防災・防犯部会 年間事業報告

自主防災総合訓練

平成30年10月28日(日)  9:00~12:00IMG_9732
参加者 約210名

今年度は、『ホース連結体験』、『放水筒先体験』に加え、『家庭内DIG』、『間仕切り体験』を体験していただきました。『家庭内DIG』では、ご家庭内に潜む危険や、災害時の避難経路などのお話をしていただき、災害に遭った時、自宅内にもたくさんの危険があるのだと考えさせられる体験となりました。『間仕切り体験』では、実際に避難場所で使用する間仕切りを組み立て、見ていただきました。 初めて体験した方が多く、こんなに簡単に組み立て、またプライバシーを守れることに驚かれていました。

開催時のご案内はこちら >>> ダウンロードpdfアイコン(221KB)

 

普通救命講習会

DSCF3209平成31年2月16日(土) 9:00~12:00
参加者 22名

水口交流センター学習室において「普通救命講習会」を開催いたしました。
家族、友人、ご近所の方・・・身近な誰かが目の前で倒れられたとき救急隊が到着するまでの間、「心肺蘇生法」を行なえば、助かる確率が格段に上がると言われています。 『救える命を救うため』に、普通救命講習会を実施しました。
異物除去法、心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)などの、正しい行い方、使い方を水口消防署の西川さんより教わりました。 受講された22名の方には後日、消防本部消防長より修了証が交付されました。

 

 防犯パトロール実施

DSCF3167参加者 延べ20名

小学生等の弱者が犯罪に合わないよう、抑止力になれるよう、児童の下校時にパトロール等を行いました。 併せて「防犯パトロール中」のマグネットを部会員の車両側面に貼り付けて車で行き来することで防犯活動を行いました。

 

 

防犯灯の維持・計画設置

landscape_a18landscape_a18八田区、伴中山区、山区、菅谷区の設置事業及び維持管理費を各区に交付しました。

 

 

 

 

消火器具の維持・計画設置

syoubou_seibishi_syoukaki地域の防災に資するため、消火栓器具等の維持・計画設置を行ないました。

 

 

 

 

啓発事業

自主防災訓練-2防災のぼり旗を各区に配布・設置しました。
また伴谷消防団(第2分団)のご協力の下、高齢者を狙った特殊詐欺防止及び、小学生児童の交通安全のために消防自動車による啓発活動を実施しました。